事業案内

冷凍検査

平成28 年度 検査指導方針

 

東京都冷凍教育検査事務所

 

1.冷凍保安検査・施設検査時における事業所への保安教育の実施

 

① 新規入会事業所及び保安検査・施設検査事業所は3 年に1 回

(28 年度 保安教育資料を使用し説明)

② 冷凍空調設備におけるヒヤリ・ハットによる教育指導

当協会のホームページ会員情報、高圧ガス保安法冷凍関係規制欄に掲載してい

るので、保安教育の一環として利用するよう指導

③ 高圧ガス保安協会の冷凍空調事故情報を活用することの周知

事故情報はKHKホームページに記載

http://www.khk.or.jp/activities/incident_investigation/index.html

 

2.冷凍保安検査・施設検査について

(27 年度 指摘項目を反映させる)

 

3.検査事業所の対象設備に変更があったか必ず確認してください

※ 年会費に変更が生ずるため

 

4.廃止・増設等があった場合は能力の変更届を作成し、協会へ報告してください。

(廃止の場合は、廃止届とフロン回収行程管理票のE票「回収依頼書兼引取証明書」

のコピーを添付し東京都へ提出を指導)

※設備の取換え、建替え等の情報を入手したときは事務局に連絡してください。

 

5.アンモニア事業所の検査

① 許可申請書、完成検査証、及び名称、代表者、責任者、地番変更等の手続きの確認と承継届の指導

(冷凍施設の製造開始後の手続一覧表を参考とする)

② 腐食、劣化の機器、配管の早急取り替え等の指示

③ 東京都の安全基準、防災計画書の指導

④ ガス漏えい検知器警報設備、除害設備、保護具装着訓練の確認

(検知器非常用電源の確認―東京都環境保安課の指導)

⑤ 運転日誌等 記録類の捺印(上司印とも確認)

⑥ 保安教育の計画、実施記録の確認と指導

⑦ 除害のための設備の機能を作動試験又は記録により確認する。

 

6.フルオロカーボン事業所検査

① 許可申請書、完成検査証、及び名称、代表者、責任者、地番変更等の手続きの確認と承継届の指導

(冷凍施設の製造開始後の手続一覧表を参考とする)

② 腐食、劣化の機器、配管の早急取り替え等の指示

③ 運転日誌等記録類の捺印(上司印とも確認)

 

7.第一種事業所に対する保安査察の指導を継続する

特に新規入会事業所には保安査察の雛形を配布し指導

① 保安査察は1年に1回以上

② 保安査察者は施設を統括する管理者で管理権限を持つ方で良い。

(委任状等は特に必要としない)

 

8.参考 東京都立入検査項目(法第62 条) (東京都職員による)

  第一種製造事業者 第二種製造事業者
検査内容

法第8 条第1 号(技術上の基準)

法第8 条第2号(製造の方法)

法第12 条(技術上の基準)
用意するもの

・高圧ガス製造許可証

・危害予防規程

・定期自主検査の記録

・運転記録

・点検記録

・保安教育計画及び実施記録

・保安責任者の免許等

・保安査察結果記録

・高圧ガス製造事業届

・運転記録

・点検記録

・保安教育の実施記録等

 

9.高圧ガスの安全な取扱のための自主保安取組推進指針の周知

第一種製造者と同様、第二種製造者についても厳しい指導内容となっていることを周知する。

(東京都環境局のホームページで、表記の詳細な内容を掲載している旨指導する)

 

10.フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の周知

フロン排出抑制法の周知、適正な管理を指導する。

 

11.冷凍・空調事業所保安講習会の開催の周知と出席要請

日程:平成29 年3 月17 日 (金)

講習会会場:タワーホール船堀 5階大ホール(都営新宿線 船堀駅下車)

 

 

以 上

 

 

 

平成28 年度冷凍保安検査員の紹介

itano

板野検査員

ogawa

小川検査員

sasayama

笹山検査員

takamizu

高水検査員

sumida

角田検査員

terao

寺尾検査員

tomitsuka

冨塚検査員

namiki

並木検査員

niitsu

新津検査員

yokoyama

横山検査員