事業案内

冷凍検査

平成30年度 冷凍空調施設検査指導方針

東京都冷凍教育検査事務所

(公社)東京都高圧ガス保安協会

 

 本年度より検査は、従来の全数検査を見直し、これまでの検査結果を基に法令遵守状況によりランク付けを行い、良好な施設にはインセンティブを与え、本来の自主保安検査に誘導するとともに、要改善施設は、年度内の複数回訪問により早期改善に誘導する検査体制とします。

 

1. 訪問検査回数の変更

1)保安検査は、法令に基づき3年に1度実施します。

2)第一種事業所施設は、保安検査合格の翌年は、自主保安検査とし、協会の訪問検査は実施しません。

(H29年度保安検査合格事業所は自主検査とし、協会の検査は行わない)

3)第二種事業所施設は、現行通り全事業所の訪問検査を実施します。また、今までの検査記録に基き良好な施設から、A~Dのランク付けを行い、Aランク事業所は、自主保安検査に誘導し、H31年度より訪問検査は隔年実施に移行します。BCランクは従来通りとし、Dランク事業所施設は、複数回の指導を実施します。

なお、各事業所のランクはH30年度の訪問時に検査員からお伝えします。

4)新規入会事業所は、3年間の訪問検査を実施したのち、隔年検査に移行します。

 

検査スケジュール表

第一種事業所

H29年度

H30年度

H31年度

H32年度

H33年度

Ⅰグループ

×

×

Ⅱグループ

×

Ⅲグループ

×

第二種事業所

H29年度

H30年度

H31年度

H32年度

H33年度

Aランク

×

×

BCランク

○→A

×、○→A

×

Dランク

○○

○→A

×

◎:保安検査  ○:訪問検査(施設検査) ×:自主保安検査

BCランクは順次AランクにUP、その後隔年検査に移行。

 

2. 訪問検査の指導内容

1)冷凍保安検査・施設検査時における事業所への保安教育の実施

ア・新規入会事業所及び保安検査時・施設検査時事業所は3年に1回

(冷凍空調情報を保安教育資料として使用し説明) 

 

イ・冷凍空調設備におけるヒヤリハットによる教育指導

            東京都環境局のホームページの高圧ガス保安対策にヒヤリハット

を掲載していますので、保安教育の一環として利用してください。

 

                ウ・高圧ガス保安協会の冷凍空調事故情報を活用することの周知

     高圧ガス事故情報はKHKホームページに記載されています。

 

2)アンモニア事業所の検査

① 許可申請書、完成検査証、及び名称、代表者、責任者、地番変更等の手続きの確認と承継届の指導  

(冷凍施設の製造開始後の手続一覧表を参考とする)

② 腐食、劣化の機器、配管の早急取り替え等の指示

③ 東京都の安全基準、防災計画書の指導

④ ガス漏えい検知器警報設備、除害設備、保護具装着訓練の確認

 (検知器非常用電源の確認―東京都環境保安課の指導)

⑤ 運転日誌等 記録類の捺印(上司印とも確認)

⑥ 保安教育の計画、実施記録の確認と指導

⑦ 除害のための設備の機能を作動試験又は記録により確認する。

 

3)フルオロカーボン事業所検査

① 許可申請書、完成検査証、及び名称、代表者、責任者、地番変更等の手続きの確認と承継届の指導  

(冷凍施設の製造開始後の手続一覧表を参考とする)

② 腐食、劣化の機器、配管の早急取り替え等の指示

③ 運転日誌等 記録類の捺印(上司印とも確認)

④ 保安教育の計画、実施記録の確認と指導

 

4)第一種事業所に対する保安査察の指導を継続する

    特に新規入会事業所には保安査察の雛形を配布し指導

  1. 保安査察は1年に1回以上
  2. 保安査察者は 施設を統括する管理者で管理権限を持つ方で良い 廃止の場合は、フロンが確実に処理されたことを「破壊証明書」もしくは「再生証明書」等の各証明書で確認し、廃止届にコピーを添付し東京都へ提出して下さい。
  3. 5)廃止・増設等あった場合は 能力の変更届を作成し、協会へ報告してください。    
  4. (委任状等は特に必要としない)
    • 設備の取換え、建替え等を予定されている場合は事務局に連絡をお願いします。  
    • 6)参考 東京都 立入検査項目(法第62条)
    •  

 

第一種製造事業者

第二種製造事業者

検査内容

法第8条第1号(技術上の基準)

法第8条第2号(製造の方法)

法第12条(技術上の基準)

法第27条(保安教育)

 

 

 

 

用意するもの

 

 

・ 高圧ガス製造許可証

・ 危害予防規程

・ 定期自主検査の記録

・ 運転記録

・ 点検記録

・ 保安教育計画及び実施記録    

・ 保安責任者の免許等

・ 保安査察結果記録

・高圧ガス製造事業届

・運転記録

・点検記録

・保安教育の実施記録等

 

 

 

 

 

7)フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律

    フロン排出抑制法に則る適正な管理を確認します。

 

8) 冷凍・空調事業所保安講習会の開催の周知と出席要請

平成31年3月15日 (金) 都営新宿線 船堀駅下車

   タワーホール船堀 5階大ホールにて開催します。

 

3. 事業所へのサービス向上

   優良事業所に対しては、以下の方策等により、一層サービスの向上を行っていきます。       

・事業所の要望に応じ、社内保安教育時に検査員を派遣しますので、積極的にご要望ください。

  ・事業所の承諾のもと、良好な施設名は協会HPへ公表させていただきます。

  ・表彰対象施設として、ランク上位の優良施設を推薦させていただきます。

以 上