入会案内

協会について

協会への入会のご案内

 公益社団法人東京都高圧ガス保安協会は、高圧ガスによる災害を未然に防止するため、東京都における高圧ガスの製造、その他全般の取扱いに関する自主的な保安活動を強力に推進し、高圧ガス行政の円滑な運営に協力するとともに、高圧ガス関係事業所の安全と健全な発達を図り、もって都民生活の向上と公共の安全を確保することを目的として設立された協会です。

平成9年4月1日には高圧ガス取締法が「 高圧ガス保安法」として改正施行され、高圧ガス取扱事業者は自己責任原則に基づく自主保安体制の確立が求められているところであります。こうした情勢下、高圧ガス取扱事業所は一体となって、自主保安を推進し公共の安全確保に務めることが必要です。関係事業所は当協会に是非とも、ご入会されるようお願いいたします。

公益社団法人東京都高圧ガス保安協会への加入メリットについて

◎ 冷凍・空調事業所の加入メリット

1 年1回の冷凍・空調事業所の定期自主検査等に代わる施設検査と指導を受けられます。

 (施設検査・保安検査料は年会費に含まれています。)

2 安全弁・圧力計試験器の貸出があります。

3 高圧ガス保安法に伴う製造届、許可申請、変更手続き等の相談、支援等が受けられます。

4 保安講習会講師として協会検査員の派遣を受けられます。

5 保安講習会の開催について事業所へ連絡があります。

6 保安講習会の受講料が会員価格となります。

7 協会刊行物が会員価格となります。

8 東京都高圧ガス地域防災協議会組織への加入ができ、講習会、防災訓練に参加することにより自主保安の向上が図れます。

9 保安に関する情報が掲載された協会機関紙「会報」が届きます。

(主な掲載内容)

  • 国験試験、第三種冷凍機械講習・技術検定の講習等の案内

② 各種保安情報と高圧ガス保安法改正等のタイムリーな情報提供

③ 法令Q&Aとして、問い合わせの多い項目の解説

④ 高圧ガスに係る事故情報

⑤ 東京都環境保安課の行政指導等のお知らせ

⑥ 高圧ガス保安促進週間における防災訓練等の情報提供

10 ホームページによる高圧ガス保安関係等の情報取得ができます。

◎ 自主保安推進の支援について

高圧ガス保安法は平成9年に大幅に改正され、公共の安全の確保、災害の防止を図るため、法令遵守に加えて事業者による自主的な保安活動を推進する必要があるとされました。自主保安活動は、法の規定とともに事故を防止する重要な柱となっています。

平成22年2月、東京都は「高圧ガスの安全な取扱のための自主保安取組推進指針」を策定し、高圧ガスの製造者、販売業者、貯蔵所、消費者が自ら本指針に基づき自主保安の取組を推進するよう求めています。自主保安活動を進めるためのポイントは、次の3つです。

① 自主保安管理規程の作成

② 保安教育計画の作成及び保安教育の実施

③ 自主検査項目の設定及び自主検査の実施 

高圧ガスを扱う者は、高圧ガス保安法を守り、高圧ガスによる災害を防止し安全を確保することが責務でもあります。上に掲げられた自主保安活動の3つのポイントを実施していくためには、個々の事業所のみの努力だけでは限界があります。公益社団法人東京都高圧ガス保安協会は、高圧ガス保安に関する経験・知識・情報・技術をもって、高圧ガスによる災害の防止、高圧ガスを扱う者の安全と健全な発達を支援しています。

高圧ガスを扱う皆様におかれましては、当協会に入会され、協働して公共の安全を確保するための活動を進めていただきたいと願っています。

会報のみ定期購読を希望される方へ

1.会報は年10回発行(発行部は月の5日)します。うち1月・2月(1月に発行)及び7月・8月(8月に発行)は合併号となります。なお、2020年より11月号は画像配信(ホームページに掲載、会員及び定期購読者はホームページの会員専用コーナーにパスワードで閲覧・ダウンロードが可)となります。

2.会報のみ定期購読を希望される方は、以下の申込書にご記入のうえ、購読料を前金で納入いただいた後、支払証明書を添付していただき、FAX(03-3830-0266)、メール(webmaste@tokyo-khk.or.jp)若しくは郵送でお送りください。

会報購読申込書PDF

 

 

 

入会申込書ダウンロード(PDF)入会申込書ダウンロー入会申込書02-3-mド(word)会員会員情報内容等変更通知書20190520改訂情報内容等変更通知書ダウンロード(PDF)会員情報内容等変更通知書ダウンロード(word)